修理とアフターサービス

sintsukasalogo.gif

岐阜県多治見市 フルオーダー陶芸用電気炉制作
あなたの陶芸活動をサポート

top_w.jpg

修理とアフターサービスのこと

アフターサービス

ながく使っていただけるように、修理メンテナンスをおこなっております。
なお、製作後1年間は補償期間といたします。(無理のない焼成を行なっている場合に限ります)

消耗品においては、下記、おこなっております。
料金につきましては、お問合せください。

修理

断線修理、線の張替え、炉蓋の取替えなどの問題にもすぐに対処できます。
お気軽にお問い合わせください。
事例を紹介します。


炉蓋の取替え

炉蓋も焼成を繰り返すうちに、水分やガスなどにより劣化してきます。
錆などが作品に降りかかってしまう原因にもなりますので、
程度をみてお取替えをお勧めいたします。
その他の対処法もありますので、お気軽にお問い合わせください。


電熱線張替え

線の張替え
線の劣化により焼成に不具合(温度上昇の遅れ)などがおきます。
線の寿命ですので張替えをお勧めいたします。
線の寿命は、お客様の焼成雰囲気や温度にもよりますが、 200から250回の焼成回数が目安となります

1. 電熱線張替え前

harikae01.jpg


2. 断線箇所

harikae2.jpg温度が設定通りに上昇しなかった原因として電熱線の劣化、断線が考えられます。

.電熱線取外し

harikae3.jpg
劣化した電熱線とレンガに付着した釉薬なども一緒に取り除きます。

4.アルミナ塗付

harikae4.JPG炉内を清掃後、レンガをアルミナでコーティングします。
劣化によるボロを防止します。

5.電熱線張付け

harikae5.jpgharikae6.jpg一山に対してピンを4本打ちつけます。

6.完成

harikae7.jpg電流値を測り、通電試験後鉄枠に耐熱スプレーを塗付して完成です。

断線溶接修理

溶接修理は一時的な応急処置法です。
溶接箇所は電流の抵抗値も変わり負担がかかりやすく断線しやすい状態なので
電熱線の張替えをお勧めします。

1.

yousetusyuri1.JPG電熱線の劣化、変形によりショート、断線したものと思われます。

2.

yousetusyuri2.JPG上下共に断線しているので、それぞれに新しい電熱線を加工し溶接を施します。溶接後、電流を測り確認をします。

司電気炉製作所

〒507-0823
岐阜県多治見市平野町1丁目34番地

TEL:(0572)22-6782
FAX:(0572)22-6703


■お客様へ
私どもは岐阜県多治見市を中心に陶芸用電気炉を制作しております。
創業50年。ひとつひとつを丁寧に。
お客様のご要望に沿えるよう
オーダーメイドによる築炉を続けております。
IMG_2754.JPG

LinkIcon問い合わせはコチラから