よくある質問

top_w.jpg

Q1:どんな種類の窯がありますか?
上蓋式、前扉式、ハット式、シャトル式など様々な種類の窯があります。お客様のご要望(作品、設置場所、予算など)に合わせた窯を相談したのち製造いたします。

Q2:窯の大きさはどのようにして決めるのですか?
棚板のサイズを基準にするとよいと思います。棚板には規格サイズがありますので、規格サイズを使用することでランニングコストを抑えることができます。炉内のサイズによって電気容量も変わってきます。

Q3:電気工事は必要ですか?
必要です。配線工事が必要となりますので、ご購入される電気窯の電気容量(○Kw)・電圧(単相/三相 ○V)・電流(○A)を最寄の電気工事店、又は電力会社に指示し相談をしてください。電気炉の搬入は電気工事終了後となります。

Q4:単相と三相の違いは?
電気料金が異なります。単相は基本料金が安く、三相は基本料金が高いですが、一回あたりの焼成費は安くなります。週に素焼本焼をそれぞれ一回程度であれば単相をお勧めします。三相は週2、3回本焼をするのであれば良いと思います。お客様の焼成頻度によります。電力会社、契約内容によっても基本料金、使用料金など異なりますので、詳しくは電力会社にお問い合わせください。

Q5:発熱体の寿命は?
目安は本焼成を200~250回程です。焼成の雰囲気、温度にもよります。最初に窯を焚く際、線に皮膜をはることにより線の寿命も延びます。

司電気炉製作所

〒507-0823
岐阜県多治見市平野町1丁目34番地

TEL:(0572)22-6782
FAX:(0572)22-6703


■お客様へ
私どもは岐阜県多治見市を中心に陶芸用電気炉を制作しております。
創業50年。ひとつひとつを丁寧に。
お客様のご要望に沿えるよう
オーダーメイドによる築炉を続けております。
IMG_2754.JPG

LinkIcon問い合わせはコチラから