ユーザーヴォイス 新里明士様

sintsukasalogo.gif

岐阜県多治見市 フルオーダー陶芸用電気炉制作
あなたの陶芸活動をサポート

top_w.jpg

新里 明士 様

作品によって、ガス窯と電気窯を使い分けて。

基本的には還元焼成で使用しています。
ガス窯も使っているのですが電気炉に適した表情もあるので、作品によってガス窯と電気窯を使い分けています。

上蓋ウインチ式酸化還元用電気炉 15W

niisato.JPG

電気容量 200V単相15Kw75A
外寸法

横幅1310mm×奥行950mm×高さ1200mm  

内寸法

横幅910mm×奥行550mm×高さ650mm

仕様

酸化・還元

制御盤 K-5

新里 明士

Akio Niisato

1977年 千葉県生まれ
2001年 多治見市陶磁器意匠研究所修了

現在岐阜県土岐市にて制作

グループ展等
2004年 ”非情のオブジェ”東京国立近代美術館工芸館(東京)
    ”MINO CERAMICS NOW”岐阜県現代陶芸美術館(岐阜)
2008年 SOFA Chicago(シカゴ、アメリカ)
     "茶陶一造形と意匠にみる現在性"ギャラリーヴォイス(岐阜)
2009年 SOFA NewYork(ニューヨーク、アメリカ) 
2010年 金沢・世界工芸トリエンナーレ(石川)
    "現代工芸への視点一茶事をめぐって"東京国立美術館工芸館(東京)

受賞
2005年 ファエンツァ国際陶芸美術館(ファエンツァ、イタリア)新人賞
2008年 パラミタ陶芸大賞展 パラミタミュージアム(三重)審査員特別賞
     国際陶磁器展美濃 セラミックパークMINO(岐阜)審査員特別賞
2009年 菊池ビエンナーレ 菊池寛実記念美術館(東京)奨励賞

ワークショップ・講演等
2008年 東洋陶磁学会 講演「磁器の表現と自作について」(東京国立近代美術館 講堂、東京)
2009年 ハーバード大学 アートセンター セラミックプログラム ワークショップ&スライドレクチャ(ボストン。アメリカ)
     リーチ工房 ワークショップ(セントアイブス、イギリス)
     ザウリ美術館 滞在制作、ワークショップ(ファエンツァ、イタリア)

光器

IMG_0060.JPG IMG_0105_1.JPG
ろくろ成形した器に穴を開け釉薬を埋めています。
”器”を単純な造形物として見せられれば良いと考えています。

展示
11月 目黒陶芸館(四日市)個展
11月 天満屋福山店(広島)個展

司電気炉製作所

〒507-0823
岐阜県多治見市平野町1丁目34番地

TEL:(0572)22-6782
FAX:(0572)22-6703


■お客様へ
私どもは岐阜県多治見市を中心に陶芸用電気炉を制作しております。
創業50年。ひとつひとつを丁寧に。
お客様のご要望に沿えるよう
オーダーメイドによる築炉を続けております。
IMG_2754.JPG

LinkIcon問い合わせはコチラから